雨漏りが発生した時の110番│住宅改善レスキュー隊

一軒家

放っておかない

定期メンテが大切

メンテナンス

いつまでも快適に暮らす為にも、住環境は定期的にメンテナンスをする必要があります。住宅は年数が経つにつれて劣化していく為、定期的にチェックをしておかなければエアコンの効きが悪くなったり、雨漏りが発生したりします。こうしたトラブルを防ぐ為に、多くの人はホームセンターなどで雨漏り修繕グッズや塗料を購入して外壁塗装をしますが、正しくメンテナンスする為にはある程度修繕知識を持っておくことが大切です。下手に手を加えてしまうと、逆に悪くなってしまう可能性もあるので、自分の手に負えないと感じた時にはプロに相談しておくのが良いでしょう。その道のプロであれば、住宅改善の為のアドバイスをくれる他、トラブルが発生しそうな場所を突き止めて修繕工事をしてくれます。

電気被害や不衛生な環境にする

あらゆる住宅トラブルの中でも、二次災害が発生しやすいと言われているのが雨漏りです。特に雨漏りの場合、住宅のどこが元凶となって発生しているか自己判断がしにくいうえ、放っておくと電気被害ももたらす可能性があります。電気被害は、単なる雨漏り被害よりも極めて危険で、電線などに水が侵食することでショートを起こし、一歩間違えると火災も発生させてしまいます。また、雨漏りによって湿気た環境はシロアリやカビなどを発生させる可能性があるので、住環境を不衛生な状態にしてしまいます。このように、雨漏りは放っておくと住環境を一気に悪化させてしまうので注意が必要です。しかし、雨漏りはそう簡単に気づくことができないので、万が一発生した時でも慌てずに対処できるように、雨漏りの知識や修理を依頼する業者は決めておくのが良いでしょう。

早めの対応が肝心

作業員

雨漏りが発生した時には、放置するのではなく住宅の劣化が進む前にできるだけ早めにプロの修理業者に連絡をすることが大切です。業者を選ぶ時にもポイントをおさえて選ぶのが良いでしょう。

危険はどこでも潜んでいる

パネル

雨漏りはいつどのタイミングで発生するかわかりません。住宅の劣化のみならず、屋上に太陽光パネルを設置したときに穴が開いて雨漏りが発生する可能性もあります。まずは発生原因を突き止めることが大切です。

コストを抑える

作業員

雨漏りが発生した時に、雨漏り修繕業者に依頼する場合は業者を比較して選ぶことが大切です。場合によって火災保険の補償で修繕できる可能性もあるので、保険の内容を再度チェックしてみるのが良いでしょう。